2008年03月09日

足やせエステに行かずに足やせする方法

足やせエステに行かなくても足やせする方法は、実はいくつかあります。

足やせエステに通わなくても同様の効果を得たいと思うのでしたら、日常生活で常にふくらはぎを動かすということを気遣う必要があります。
ふくらはぎは立っている状態では地面に近い位置にあるため、身体の水分が下へ下へと流れ、水分がたまりやすい位置にあるのです。
ふくらはぎにたまった水分は、ふくらはぎを動かすことによって、筋肉を使いながら上へ上へと押し戻そうと作用します。ふくらはぎの水分の循環を良くすることで、足やせが可能になるのです。
足やせエステに行くのが困難な場合、単純に歩く機会を増やす、足をぶらぶらと揺らしてみる、等が効果的です。

足やせエステは価格が高いものもあります。
自宅で無料で行なえる方法としてはツボを刺激することも効果があります。
足のツボを刺激することによって、足やせエステ同様の効果を期待することができるのです。
ただ、長期的に続けなくてはいけないのがデメリットですね。
ツボ刺激の方法ですが、親指、または人差し指の腹でツボを面で強く押えます。
ゆっくり押して20秒ほど押さえてゆっくり離すといった動作を繰り返します。
足やせエステに行くのと同じような効果を得たいなら、長期に渡って繰り返すことが必要です。


●お尻のふくらみの真下にあるツボで承扶(しょうふ)
●ひざの内側の延長線上、指3本分のところにあるツボで血海(けっかい)
●足の親指と人差し指の付け根から指2本分のところにあるツボで太衝(たいしょう)
●内くるぶしの上、約6センチのところにあるツボで、三陰交(さんいんこう)


をツボ押しすると良いです。


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。